なぜ、刑事ドラマはおもしろいのか。

NAZEDEKA。刑事ドラマを中心に「映画・テレビドラマ」について語っています。

刑事ドラマ research 9 「ジャンル3 ~チームカテゴリー~」

チームカテゴリーとは、刑事ドラマにおけるチーム形態を表します。
チーム形態とは刑事達の中で誰が主役の刑事となるかを表現するものです。

チームカテゴリーには3つの要素が含まれます。

チーム
コンビ
スタンドアロン

の3種類です。

 

チーム
チームとは太陽にほえろ!」西部警察等で採用されているチーム形態です。
これは各話において主役となる刑事が入れ替わる形態です。

太陽にほえろ!」を例にすると、主演は石原裕次郎です。
しかし、全話がボス(石原裕次郎)の主役の話ではありません。
今日は山さんが主役の話、今日はゴリさんが主役の話、今日はマカロニが主役の話というように各話それぞれ主役となる刑事が異なり主役が入れ替わる格好です。正し、特に主役となる刑事が設定されていないエピソードもあります。この場合は全刑事を主役とみなし、主役は「チーム」と表現します。

コンビ
コンビとは「俺たちの勲章」あぶない刑事等で採用されているチーム形態です。
これは主演2人の刑事が主役に設定される形態です。

あぶない刑事」を例にすると、主演は舘ひろし柴田恭兵です。
この為、タカ(舘ひろし)とユージ(柴田恭兵)が全話の主役となります。正し、例外のエピソードもあります。コンビ物といえど捜査課に刑事が2人しかいない訳ではありません。この際、タカとユージ以外の刑事が主役となる話も発生します。しかし本数は少なく、刑事単位でも1話か2話程度です。

その為、コンビ物においては原則主演の刑事2人が全話の主役になります。
この際「あぶない刑事」ならば、タカとユージのダブル主役・タカの単独主役・ユージの単独主役というパターンがあります。

スタンドアロン
スタンドアロンとは「非情のライセンス」はぐれ刑事純情派等で採用されているチーム形態です。
これは主演(1人)の刑事が主役に設定される形態です。

はぐれ刑事純情派」を例にすると、主演は藤田まことです。
この為、安浦(藤田まこと)が全話の主役となります。正し、こちらもコンビ物と同様例外もあります。コンビ物と同じく捜査課に刑事が1人しかいない訳ではありません。この際、安浦以外の刑事が主役となる話も発生します。こちらもコンビ物と同様本数は少なく、刑事単位でも1話か2話程度です。

その為、スタンドアロン物においては原則主演の刑事1人が全話の主役になります。

 

以上がチームカテゴリーにおける3つの要素です。
原則全ての刑事ドラマが上記3つのいずれかのチーム形態に属します。
(4に続く)