読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ、刑事ドラマはおもしろいのか。

NAZEDEKA。刑事ドラマを中心に「映画・テレビドラマ」について語っています。

刑事ドラマ research 10 「ジャンル4 ~ヒューマンカテゴリー~」

ヒューマンカテゴリーとは、刑事ドラマにおける人間ドラマの種類を表します。

ヒューマンカテゴリーには3つの要素が含まれます。

ホットヒューマン
コールドヒューマン
ハードボイルド

の3種類です。

 

ホットヒューマン
ホットヒューマンとははぐれ刑事純情派はみだし刑事情熱等で採用されている人間ドラマで感情描写によって描かれます。

思いやりを持った心優しい刑事が、その人情味を持って事件に立ち向かう姿を描く作品です。

「罪を悪んで人を悪まず」という精神の元、刑事・事件・犯人が描写されます。

事件や犯人を通し制作者側の解釈をメッセージとして視聴者に伝えるのが特徴です。その為、視聴者にメッセージを感受させる作風になっています。

暖かい人間ドラマという意味でホットヒューマンです。


コールドヒューマン
コールドヒューマンとは特捜最前線「相棒」等で採用されている人間ドラマで感情描写によって描かれます。

ホットヒューマンと対照的な作風です。

矛盾や皮肉の渦の中にいる刑事が、葛藤に苦しみながらも事件に立ち向かう姿を描く作品です。

「罪を悪んで人を悪まず」というホットヒューマンの精神に対し「果して本当にそれで正しいのだろうか?」と疑問を投げかける形で、刑事・事件・犯人が描写されます。

制作者側において結論を出さず作品の解釈を視聴者に委ねるのをメッセージとするのが特徴です。その為、視聴者を考えさせたり悩ませたりする作風になっています。

冷たい人間ドラマという意味でコールドヒューマンです。

 

ハードボイルド
ハードボイルドとは「非情のライセンス」「大都会」等で採用されている人間ドラマで行動描写によって描かれます。

ヒューマン(ホット・コールド)と対照的な作風です。

確固たる信念を持つ刑事が、ひたすらに事件に立ち向かう姿を描く作品です。

精神ではなく物理的な行動を通して、刑事・事件・犯人が描写されます。

制作者側から視聴者に対し精神的なメッセージが無い点が特徴です(メッセージが無い事がメッセージであるとも言えます)。その為、視聴者に作品を俯瞰視させる作風になっています。

 

以上がヒューマンカテゴリーにおける3つの要素です。
原則全ての刑事ドラマが上記3つのいずれかの人間ドラマに属します。
(5に続く)