なぜ、刑事ドラマはおもしろいのか。

NAZEDEKA。刑事ドラマを中心に「映画・テレビドラマ」について語っています。

刑事ドラマ research 11 「ジャンル5 ~メインカテゴリー~」

メインカテゴリーとは、刑事ドラマにおけるメインとなる描写の種類を表します。

メインカテゴリーには5つの要素が含まれます。

ホットヒューマン
コールドヒューマン
ハードボイルド
アクション
リアル

の5種類です。

 

ホットヒューマン
コールドヒューマン
ハードボイルド

 

この3つの要素に関してはヒューマンカテゴリーと同じ内容になります。メインカテゴリーに含んでいる理由は人間ドラマの描写をメインとする作品の為です。

 

アクション
アクションとは西部警察あぶない刑事等で採用されているものです。
文字通りアクション描写をメインとして制作されている作品です。

アクションは4つの種類があります。
銃撃戦爆破格闘カーアクションの4種類です。

銃撃戦刑事と犯人が銃で撃ち合うアクションです。
使用される銃も様々で、拳銃をはじめとしてライフル・ショットガン・サブマシンガンや規模の大きい物ではバズーカやミサイルも登場します。なお、銃ではありませんが、手榴弾やダイナマイト等の爆弾系武器の投げ合いも銃撃戦に含めます。

爆破爆弾等で建物や車が爆破されるアクションです。
主に時限爆弾で建物が爆破されるケースが多いですが、銃撃戦では弾がガソリンに引火して車が爆破、また手榴弾による爆破も多いです。

格闘刑事と犯人が組み合って戦うアクションです。
素手による殴り合い蹴り合いが基本ですが、武器を使用しての格闘も多いです。使用される武器としては、短刀・ナイフをはじめとして鉄パイプ・角材等も登場します。

カーアクション乗り物を使用したアクションです。
刑事と犯人の車によるカーチェイスが基本ですが、モーターボート・ヘリコプター等を使用したアクションもあります。

アクション刑事ドラマは、これらのアクション描写をメインとする作品です。

 

リアル
リアルとは踊る大捜査線等で採用されているものです。
現実の警察に近いリアルな描写をメインとして制作されている作品です。

リアルな描写をする中で「警察」という組織自体にスポットライトを当てる点も特徴です。この為、他のジャンルの刑事ドラマではあまり描かれない警察官同士の攻防が描かれる側面を持っています。この場合、現場の刑事と警察上層部の対立を主とする場合が多いです。

他のジャンルの刑事ドラマでは、現場の刑事が犯人・事件関係者等と関わりドラマ展開をするのが基本です。

リアル刑事ドラマも、この基本は変わりませんが、現場組・背広組という構図が描かれる事で、他のジャンルの刑事ドラマとは違った人間ドラマの広がりを見せています。

 

以上がメインカテゴリーにおける5つの要素です。
原則全ての刑事ドラマが上記5つのいずれかをメインとする作品になります。
(6に続く)