なぜ、刑事ドラマはおもしろいのか。

NAZEDEKA。刑事ドラマを専門に「映画・テレビドラマ」の研究をしています。

あぶない刑事 第6話 誘惑

          f:id:NAZEDEKA:20150526223442j:plain

基本データ

メインタイトル:あぶない刑事
話数:第6話
サブタイトル:誘惑
放送日:1986年11月9日(日)
視聴率:12.5%
監督:長谷部安春(4)
脚本:柏原寛司(2)
ゲスト:風祭ゆき、飯田浩幾、三上剛仙
主役:ユージ(6)、タカ(5)
準主役:なし
銃撃戦:C
爆破:なし
格闘:なし
カーアクション:C

概要

サブタイトルは「誘惑」。

ユージが殺人事件の関係者に恋をする物語です。ユージの恋模様と、寡黙に捜査をするタカをシックに描く作品となっています。また、タカの初バイク銃撃にも注目です。

解説

・アクション

        f:id:NAZEDEKA:20150528235814j:plain     f:id:NAZEDEKA:20150528235843j:plain

本作のアクションは「銃撃戦」がメインです。
タカ(拳銃)・宮本(拳銃)・金森(ライフル)の銃撃があります。その他は、タカのバイクアクション等があります。

・ヒューマン

        f:id:NAZEDEKA:20150529000053j:plain     f:id:NAZEDEKA:20150529000123j:plain

本作のヒューマンは「ユージの恋」がメインです。
事件関係者の女性に恋をするユージ。2人の淡く切ない大人の恋愛が描写されています。

豆知識(ネタバレ注意)

・港署のボギー!?

        f:id:NAZEDEKA:20150529000331j:plain     f:id:NAZEDEKA:20150529000415j:plain

劇中、ユージがタカに「港署のボギーぐらい言えねぇのか」と言うシーンがあります。このセリフの「ボギー」とは「ハンフリー・ボガート」の愛称で、「港署のハンフリー・ボガートぐらい言えないのか」という意味になります。なお、「太陽にほえろ!」で世良公則さんが演じた春日部刑事のニックネームが「ボギー」であり(由来同じ)、このボギーは殉職をしますが、ボギーを殺した犯人役を演じたのはパパさん役の山西道広さんです。

収録ソフト

・単品

あぶない刑事 VOL.1 [DVD]

あぶない刑事 VOL.1 [DVD]

 

・BOX

あぶない刑事 DVD Collection VOL.1

あぶない刑事 DVD Collection VOL.1

 

 

考察(ネタバレ注意)

準備中。